池袋のマーケティングコンサルティングならピース

TEL:03-6907-3161 MAIL:info@peace-e.com

10月, 2013年

それは問題ですか?課題ですか?

2013-10-14

「経営とは、問題解決の連続だとか。」「当社は問題が多すぎて困る」という声をよく聞きますが、ところで問題とは一体なんでしょう。

問題とは、専門的には「求められている状態(理想)」と「実際の状態(現状)」の間の「差」のことをいいます。

実は、「求められている状態」の違いにより問題は2つに分類されます。

「求められている状態」が「通常(ゼロ)の状態」の場合の問題は「回復問題」と呼ばれます。

一方、「求められている状態」が「通常より高い理想的な状態」の場合の問題は「向上問題」と呼ばれます。

「回復問題」を解決することとは、マイナスの状態をゼロの状態にすること、いわば穴を埋めることであり、「向上問題」を解決することとは、既に高いものを更に高いところにまでもっていくこと、いわば引き上げることです。

単に「問題だ、問題だ。」と騒ぐと、場の雰囲気も壊れます。しかし、「向上問題」であれば、落ち込む必要はありません。胸を張って取り組みましょう。

ところで、似たような言葉に課題があります。

問題と課題は同じ意味で使われることが多い(区別しないで使われることが多い)のですが、あえて問題と課題の違いを考えると、いろいろな説があります。

一つは、問題も課題も、共に現状と理想とのギャップですが、その現状への不快感があるときが問題であり、現状に対する不快感がない場合が課題という説です。

この説によると、多くの「回復問題」が「問題」であり、多くの「向上問題」が課題となります。

一方、問題とは、現状と目標のギャップそのものであり、課題とは、問題となるギャップを埋める為に解決すべき具体的事象の事を指すという考えもあります。

また、課題とは、課せられた問題、課した問題、或いは解決しなければならない問題という考えもあります。この場合の課題は、誰にとってかが重要になり、また、解決できないような問題はそもそも課題とならないこともあります。

あなたが悩んでいることは、問題ですか、課題ですか。


「朋美スマイル」の秘密

2013-10-07

「朋美スマイル」といえば、トリノ五輪で、日本選手団の主将を務めた岡崎朋美さんの愛くるしい笑顔のこと。

岡崎朋美さんは、仕事を楽しみ、しかも30歳を超えてなお進化を続け、そして、人々に感動と癒しを与える。それは一つの理想像とさえいます。何故、岡崎朋美さんには、それが可能なのでしょうか。そのヒントを、日経ビジネスアソシエ[2006年7月4 日号]で見つけることができました。

実は、岡崎朋美さんも、高校時代は無名の存在でした。その当時の岡崎朋美さんは、

目標が曖昧→事前に十分な練習ができない→自信がもてない→マイナス思考に陥る→本番で過度に緊張する→筋肉が緊張する→いい結果が出せない→楽しめない

というプロセスをたどっていました。

ところが、社会人になると、本番に強く不思議と良い結果を出すようになったそうです。それは、

目標が明確→事前にハードな練習をみっちりこなす →自信がついてくる→プラス思考になる→本番では毎日の練習の成果をそのまま出せばよいと思える→筋肉が硬くなるので緊張しない方がよいと考える余裕が生まれる→何も考えずにリラックスできる→レースを楽しめる→結果にも満足できる

というプロセスに変わったからのようです。

「事前にハードな練習をみっちりこなす」ことができるのは、「目標が明確」だからこそ、やはり「目標設定」は非常に大切なことがわかります。